Loading

流出の原因とその対策について考えてみよう!


情報が流出する原因は何?

自宅のポストに投函されたハガキが見知らぬ人の名前宛だったなんていう経験はありませんか。ご配送されているとか、転居届けを出していない前居住者のものだったりとか、理由は色々考えられますが一歩間違えば、プライバシーの流出となり個人情報が悪用されてしまう恐れもあります。プライバシーというものは誰もが持っているものであり、その流出は常に隣り合わせだと言えます。忘れてはいけない、間違えてはいけないと考えながら行動するのは、プライバシーを守るためなのです。誰かのミスによってプライバシーが保護できなくなる場合などもあるのです。

現代における流出対策

必要のない情報はとっとと破棄するに限ります。使わないものを持っている必要もないし、あればあったで管理するのも面倒です。昔は個人で焼却する方が多かったのですが、現在はシュレッダーで裁断するのが一般的な方法でしょう。シュレッダーがないという場合は、破いて捨てるだけでも情報の流出を免れることができます。シュレッダーハサミという特殊なハサミを使っても、紙類なら安全に破棄できます。

見えないところへ隠さない

目に見える物の管理は簡単にできます。しかし古いアルバムなどを押入れの奥にしまってしまうと、目に届かなくなってしまいます。目につかない場所にある物は、いつしかその存在すら忘れ去られるでしょう。人に見せたくない物は、目立たない奥の方へ仕舞いたがるものですが、逆に手の届く近い場所で管理しておく方が忘れずに済みます。トランクルームの一番奥に大事な物を仕舞うのは、実はナンセンスでいつでもすぐ取り出せるような場所にしまっておく方が、プライバシーを流出から防ぎやすいのです。

個人情報が書かれているごみから、個人情報が盗まれることがあるので、シュレッダーにかけて、個人情報と分からないようにしておく方が安心です。