Loading

ネットで情報を発信する時はリスクを理解しましょう


誰にでも潜んでいるネットリスク

ネットを利用できる環境が充実していますし、パソコンやスマートフォンが普及しているので、自宅以外の場所でもネットを利用してショッピングを楽しんだり、動画を視聴したりなどが可能です。

また、ネットは自分で情報を発信する手段としても多くの人々に利用されています。すぐに情報が反映されるため、リアルタイムで情報を届けられる点がネットを利用するメリットです。ただ、ネットリスクは誰にでも潜んでいるので、知らないまま利用するのではなく、十分に理解することが大事です。

ネットリスクとは、望んでいないにもかかわらず、氏名や電話番号など個人情報を漏えいすること、閲覧者からの批判が拡大して炎上することです。特に、情報を発信しやすい状況になってからは、閲覧者からの批判が拡大して炎上するケースが多くなっています。

炎上を避けるためには対策を立てましょう

予想外にも炎上してしまうと、今後情報を発信していくことに不安や心配を感じるようになり、最終的には控える場合があります。炎上対策として情報の発信を控えることは効果的ですが、これでは他人が発信する情報を見るだけになってしまいます。

情報を発信しながら炎上しないように工夫したいのであれば、偏った意見を言わないようにするのがポイントです。色々な意見を持っている人がいるので、偏ってしまうと批判されやすくなるためです。

また、ネット上には無難な情報だけを発信していくことも、炎上対策の1つです。あえて炎上させて注目を集める作戦はありますが、自分だけではなく、関係ない家族にまで被害が拡大することがあるので、炎上させるのは避けるべきです。

炎上対策について気をつける事があります。相手に不快感を与えない事と思いやりの気持ちを持ち接する事の2点です。